ノリノリで泳ぐあの子と霧

部下の満ち足りた表情の闇
生きていく上で、「奇術師」の意味合いって、どう思う?無関係って言える?「感動」は、君にとって何なんだろう。

よく晴れた日曜の夜明けに座ったままで

アンパンマンは、幼児に人気の番組なのに、しかしとても暴力的のように思う。
話のラストは、アンパンチと殴って解決することがとても多いと感じる。
子供にもものすごく悪い影響だと私は考える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、たいしてひどいことをしていない内容の時でもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんを目撃したら、やめろといいながらもうこぶしを突き出している。
わけを聞かずに問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、殴って終わりにするから改善されず、毎回変わらない。
想像するのだけれど原作は違うのだろうけど、アニメ向きにする必要があってそんなふうになっているのだろう。

寒い火曜の深夜に窓から
ある難しい業務があったとき「まあ、なんとかなる」などと思っていた新人の頃。
その時、私たち新人みんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」と深く考えずに取り組んでいた。
すると指導官の女性上司が、促した言葉が今でも記憶に残っている。
「目的のために充分に時間をかけたからこそ、過ぎてしまえばなんてことなかっただけ。
なので、このように軽く構えていて、偶然仕事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば簡単だったといった裏の意味は、その逆です。
甘く見ずにじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が有り余って、仕事が円滑に進んだと言う事実を言っています。
精一杯仕事をする気になれましたか?
なめていないで早く取り組んでください。」
という事。
その後、私たちは頑張って勉強しなんとか収めきることができた。

目を閉じて話すあなたと観光地

夏は生ビールがとてもおいしいけれど、最近あまり飲まなくなった。
大学生のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌日に残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はとってもあこがれ、行くことがめっちゃ楽しみだったけれど、仕事の関係でうんざりするほど行って、俺の中では、現在、いいイメージがない。
そうだけれども、取引先との付き合いの関わりで非常に久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久々にうまかったのだけど、調子にのってとってもビールを飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

笑顔で自転車をこぐ彼と穴のあいた靴下
スイーツがすごく好きで、バウンドケーキや和菓子をつくるけれど、娘が育って自作するものが制限されてきた。
私と妻がめっちゃ喜んで口にしていたら、子供がいっしょに欲しがるのは当然だから娘も食べられるバウンドケーキをつくる。
私は、チョコ系のケーキがたいそう好きなのだけれども、しかし、子供には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖とバターを控えめにつくる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

気持ち良さそうに口笛を吹く兄弟と私

買い物中のお客様は、だいたい日本からの観光客という状態だったので、その雰囲気にもびっくりした。
その上列は、だいたい日本人だという様子だったのでその不思議な光景にも驚いた。
実は、韓国のコスメは肌にやさしい成分が多く使用されているとか。
もちろん、コスメにも惹かれるけれど店員さんの日本語能力にも感心した。
この分野の会話だけなのかもしれないが、日本語がそこそこ上手い。
私たちは、勉強した英語を使用できると思って向かった韓国旅行だけど、必要ないようだった。
ネイティブと話すことによって、努力すれば外国語を理解できるということを証明してくれたような旅行だった。

薄暗い金曜の日没に微笑んで
夕食時に、キリンビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、住んでた部屋の近くでワインショップを発見して、父の日も近かったので買ったことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円以上の高級ワインを探しています」などと話して。
父に届けた、ワインが一万円することを耐え切れずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
以来、特にワインの質にこだわらなくなった。
あー美味しいと思えるアルコールだったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

暑い大安の明け方は昔を懐かしむ

すごく甘いお菓子が好みで、ケーキなどをつくります。
普通に手動で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作っていたけれど、近頃、ホームベーカリーで焼いてみた、めちゃめちゃ簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも気を付けている。
砂糖やバターがちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、笑顔で食べてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という言葉もメディアで言っているから変ではないのだけども、学生の頃は、ケーキを自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、そういう男が増えたねと言われてそれも寂しい。

喜んで踊るあいつと私
どこかしらただの布は価格が高い。
ひとり娘が園に通うことになるので、袋がいるのなのに、しかし、どういうわけか普通の生地が高かった。
とりわけ、キャラクターものの生地なんて、非常に価格が高かった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの布が大変価格が高かった。
持っていく形のの入れ物をお店で購入するのが早いし、安価だけど、地方なので、皆、お手製だし、近くに売っていない。

雨が上がった祝日の日没に目を閉じて

好みのミュージシャンはたくさんいるけれど、この頃は洋楽を中心に聞いていた。
しかし、邦楽のアーティストの中で、ファンなのがCHARAだ。
charaは凄い数の楽曲を出している。
人気がある曲なのは、FAMILY、いや、VIOLET BLUEなど。
この国多くの音楽家が知られているがチャラは周りに魅力ある個性がキラリと見える。
この国には、海外で仕事をするミュージシャンも多いが、charaも人気が出るような感じがする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
このようなタイトルが考え出されることに尊敬を覚える。
多くの作品の作詞作曲も兼ねていて、私の意見としては感性豊かでカリスマ的な才能があると思う。
JAMのユキとコラボレーションしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象深い。
似合っていたから。
誰しも一回、思う、思われたい感じの事柄を、うまく一言で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなんかに入賞されそうだ。

息絶え絶えで話す妹と暑い日差し
いつも、業務や家の事に追われてしまい、そんなに空いた時間が持てない。
少しばかりフリーが持てても、自然に次やるべき仕事のスケジュールなど、何かの期限が頭の隅にある。
それでも、大きな休みができると、めちゃくちゃワクワクしてしまう。
では、久しぶりの休日を何に使おうかと。
最終的には毎回、あれしたい、これも、など希望のみが重なり、完全には達成できない。
そして私は行動が遅いので、あっと言う間に時間は経過。
時は金なり、という言葉は本当に事実だと思う。

◎カテゴリ

◎カテゴリ

Copyright (c) 2015 部下の満ち足りた表情の闇 All rights reserved.