控え目に泳ぐ妹と夕立

部下の満ち足りた表情の闇
皆さん、「戦術」に関して考えてみたいんだ。険しい顔するほど頭を抱え込む疑問は無いと思うんだよ、「豚汁」のことはね。

勢いで話す兄さんと季節はずれの雪

暮らしたところが違うと食文化が変わることをいっしょに暮しだしてからたいそう気づくことになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からある時言われ、ミックスジュースを買っていたのかなと思ったら、地元では作るのが普通らしい。
フルーツを色々とアイスを入れて、市販の牛乳をさらに加えてミキサーでシェイクして終わりだ。
ミックスジュースを作ったものを味わい飲んだのは最初だったが、大変うまかった。
美味だったし、今でははまって、俺もつくっている。

どんよりした日曜の晩は目を閉じて
水滸伝の北方バージョンの人間くさく男気熱いキャラクターが、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立ったキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に人間くさい弱さが見えるのもまた、心がひかれる理由だ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力奮闘しているのが読みとおしていてはまる。
読みとおしていて楽しい。
ところが、魅了される人物がひどいめにあったり、希望がやぶれていく描写も胸にひびくものがあるから心ひかれる大衆小説だ。

息絶え絶えで走るあいつと花粉症

大学生の頃、株の取引に好奇心をもって、買おうかと考えてたことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも関心があったけれど、しかし、汗水たらして稼いだお金があっさりとなくなるのも嫌で、購入できなかった。
楽天証券に口座はつくって、銀行口座から動かして入れて、ボタン一つだけで購入できる状態にしたけれど、怖くて買うことが出来なかった。
一生懸命、働いて得た貯金だから、稼いでいる人から見たら少額でも少なくなるのは怖い。
しかし一回くらいは買ってみたい。

風の無い火曜の夜に熱燗を
旅行でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
特に、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、特に女の人は基礎化粧品やネイル用品など興味を持っている方も多いと思う。
韓国では外見へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての情熱は素晴らしいといわれる。
就職や、パートナー探しの際に、日本に比べてあからさまに判断するシーンが多いとか。
なので、韓国で販売されるスキンケアは、美容に効果抜群の成分が、日本製より多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

息もつかさず踊る友人とファミレス

現在のようにインターネットが必需品になるとは、幼かった自分には全く想像できていなかった。
物を売る店舗はこれから先競争化が進むのではないかと思う。
ネットを活用し、どこよりも安価な物見つけ出すことができるから。
レースがピークになったところで最近よく目立つようになったのがセミナー起業や商材販売だ。
今は、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

控え目に吠える兄さんと霧
怖い物はたくさんあるけれど、海が非常に怖い。
しかも、グアムやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
どちらかと言うと、駿河湾などの黒々とした海だ。
ついつい、どこを見ても海、という状況を想像して怖くなってしまう。
気分だけ味わいたかったら、open water という映画がお勧め。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで繰り広げられる。
どう考えても、私には怖い内容だ。
もしかすると起きてもおかしくない事なので、恐怖はたっぷり味わえる。

目を閉じて話す先生とよく冷えたビール

現在よりも凄く肥満体型だった時に、毎日食べたくなったのがハニートーストだ。
酷い時は、夕食の終わりに2枚以上食べていた時期もあった。
最悪なことに並行して、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい巨大化の道へまっしぐらだった自分。
試みたダイエットが、めちゃくちゃなものばかりだ。
一つは、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープしか口にしない食事だ。
職場にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
その次は豆腐を夕食に置き換えるというダイエット。
さすがに、今はできない。
その後、1年ほどかけて食事を調えると、気付いたら元の体型に。
とにかくコツコツとするのがベスト。

寒い祝日の夜明けにお酒を
見入ってしまうくらい素敵な人に会ったことがありますか?
昔一度だけ出会いました。
バス内で20代後半くらいの女性。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれくらい手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、内面から醸し出すオーラは確実にありますよね。
本当に魅力的な方が多くいるんだなーと感じました。

汗をたらして踊る彼女と紅葉の山

人々の70パーセントが水分という発表もあるので、水分摂取は人類のベースです。
水分補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。
ぎらつく日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえるこの時期、普段そんなに外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策について丁寧な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のお手入れは秋に出るといいますので、どうしても気にしてしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気にかけているのが水分摂取に関してです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期は例外の可能性もあります。
と言うものの、たくさん汗を出して、気付かないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も関係するでしょう。
思いがけず、自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても過言ではないかもしれません。
少し歩く時も、小さなもので充分なので、水筒があるととても経済的です。
人々の70パーセントが水分という発表もあるので、水分摂取は人類のベースです。
水分補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。

気分良く走る子供と履きつぶした靴
仕事の関係で鹿児島に居住してみて、墓に日ごとに、献花をあげている人々が多いということに驚いた。
少しお歳の方は、その日その日、お墓にお花をやっていないと、近くの人の目が気になるらしい。
いつも毎日、菊をやっているから、毎月の切り花代も大変ばかにならないらしい。
いつも、近所の少しお歳の女の人は墓前に集まって弔花をあげながら、歓談もしていて、墓前の悪い雰囲気はなく、あたかも、人が集う公園みたいに陽気な雰囲気だ。

◎カテゴリ

◎カテゴリ

Copyright (c) 2015 部下の満ち足りた表情の闇 All rights reserved.