のめり込んで泳ぐあいつと冷たい雨

部下の満ち足りた表情の闇
たとえば、地球に初めて来たエイリアンに「友達」のことを説明するとしたら、どうする?「ドラマ」の成り立ちとか、いやいや、前提として地球や世界のことから説明するのかな。

そよ風の吹く平日の午前にひっそりと

今朝の新聞に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、面白い事柄が載っていた。
意味を知ると、実に色香まで感じてくるので面白い。
見るだけでは、怖いもののようにも感じる場合もあるが、この頃は、既婚者である女性の印だという。
真相を知ると、急に色っぽくも感じてくるので面白い。

寒い休日の晩は昔を思い出す
さやかちゃんはルックスはおだやかそうに見られるようだけど、活動的な女友達。
旦那と、1歳になる賢治の、3人暮らしで、パン屋さんのななめ向かいのアパートに住んでいる。
一般事務の仕事も育児もしっかり行い、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手。
少しでも暇を見つけると、この日は空いてる?など必ず電話を入れてくれる。
私は頻繁にケーキを買って、彼女の家に遊びに行く。

雨が上がった月曜の夜明けに熱燗を

友達の知佳子の恋人であるSさんが経営する物産会社で、朝食用に紀州産の梅を使用した梅干しを注文している。
お酒が入ると電話をかけてくるSさんの可愛い社内SEのEくんという男性は、まったく会話がかみ合ったことがない。
素面のときのE君は、わりとあがり症らしくあまり多くは話さない。
したがって、私自身、Eくんと満足いくくらいトークをしたことがない。

気どりながら踊るあの子と突風
少し前まで、入社して多くの仕事仲間に囲まれて働いていた。
だけど、働き始めて4年くらいで人と共に何かするというのに向かないと知った。
縛られる時間が長く、チームで進めるので、仕方のない事だが、噂話が多い。
噂話を好きになれば上手くやっていけるのかもしれない。
しかし、別にいいじゃんとしか思えないのだ。
その上、作業がスローな人に合わせて進めるという我慢ができない、早い人に合わせられない。
周りは努力が見られない!と思うだろうが、家族には運命なのだと言われた。

風の無い水曜の晩はこっそりと

やりたくはなかったけれど、スポーツも多少でもしなくてはとここ最近思った。
職務が異なるものになったからか、今日この頃、体力仕事がめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪がものすごく増した。
それと、年も関係しているかもしれないが、腹にぜい肉がついていて、すごく自分でも見苦しいと思う。
わずかでも、スポーツしないとだめだ。

一生懸命走る彼と観光地
今日の夜は家族と外食なので、少年は行く前から気分はウキウキだった。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと想像していた。
スパゲッティにピザ、カツ丼にねぎとろ丼、などなど、メニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
行く場所はこの前開店した和風レストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうじき目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の花や木を指差している。
お姉ちゃんは少年の横で、黙って座っている。
少年は車から降りると、喜び勇んで店の入り口を誰よりも先に開けた。

風の強い祝日の昼に目を閉じて

山梨県甲府市は果物大国と言われるくらい、果物の生産が盛んだ。
日本には珍しい海のない県で八ヶ岳などの山に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、米の栽培も全然盛んではない。
なので、山梨県を統治していた殿様、柳沢吉が果物栽培を提案したのだ。
江戸よりも名産が欲しかったんだと思う。
甲府盆地の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生み出す。

風の無い火曜の夕方は椅子に座る
夏で催しが大変たくさんで、此の程、夜分にも人の往来、車の往来が大変増えた。
かたいなかの奥まった場所なので、平素は、夜更け、人の往来も車の往来もめったにないが、花火大会や灯ろう流しなどがされていて、人の往来や車の往来がめちゃめちゃ多い。
日ごろの静まり返っている晩が妨げられて割とさわがしいことが残念だが、日ごろ、エネルギーがわずかなへんぴな所が元気がでているように見えるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、真っ暗なのだが、人の往来、車の往来があって、元気があると陽気に思える。

そよ風の吹く祝日の朝に散歩を

六本木のクラブの女性を発見すると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、キメキメの外見、トーク術、そのための努力。
客に完璧に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと理解してもらいながら、太客になってもらう。
たまには、もしかするとこのお姉さん、俺に気があるのかな?など思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな職業よりも、難しそうだ。
それは置いといて、私は売れっ子のホステスの収入が凄く知りたい。

息絶え絶えで叫ぶ先生とよく冷えたビール
職場で身に着けるスーツスカートを手に入れに行った。
コムサでモードとかフォーマルなショップも憧れるけれど天神コアも良いと思う。
20代くらいのはつらつとした女性服のファッションビルで、ピタッとした製品が多い。
価格は店舗によっての違いが出るが、大体は安め。
そこで、購入する物を選んでいたが、細身の物ばかり取り扱われていた。
着てみると、普段より都会的に見えるような気がする。
良い感じのスーツ選びができて、すごくハッピーだった。

◎カテゴリ

◎カテゴリ

Copyright (c) 2015 部下の満ち足りた表情の闇 All rights reserved.